薬剤師として仕事を探した際に見つかった求人とは

接客販売系の薬剤師の求人は見つけやすい

薬剤師

接客販売系の薬剤師の求人は見つけやすい | 製薬会社、調剤薬局、ドラッグストアなど職場によって就職難易度は異なる

私が薬剤師になったのはかなり前です。
最初は調剤薬局で職員として仕事をしていたのですが、家庭の事情で1回退職をしています。
そのような私がもう一度働きたいと考えるようになった時、探して見つかった求人はある程度の範囲内に収まるものでした。
例えば昔勤めていたような調剤薬局の仕事であったり、近年急増しているドラッグストアに勤める薬剤師の仕事でした。
他にも様々な仕事が存在しているはずなのですが、探して見つかりやすい仕事はこの2種類だったように覚えています。
私が学生だった頃は専門家として働く道もたくさんありました。
同級生が思い描いていた仕事の中には製薬会社の研究職などもありました。
やはり薬学を志した者としては薬を作る仕事に従事したいと言う思いを持っている人が少なくありません。
私も実はそのような考えを持つ1人ではありましたが、あまりのハードルの高さに早い段階で諦めてしまったのを覚えています。
研究職に就くためには何かしらの専門分野を持っており、なおかつ業績を上げていることが条件になることが少なくありません。
また研究している分野が求められているものであると言うことも大切です。
実力も必要ですが運の良さも必要と言うことで私には少しハードルが高かったです。
アカデミックな世界から離れて生活していた私にとって、既にそのような研究職の仕事は、遠いものになっていました。
見つかりやすい仕事は主に接客に関係する薬剤師の仕事です。
求められている仕事としてはそのような分野に集中していると言うことを強く感じました。
製薬会社にこだわるのであれば営業職と言う選択肢もあるのかもしれませんが、営業職にはかなりの専門性が必要になりますので、誰でも務まるものではありません。
薬剤師としての資格と知識を持っている事はある意味では当然のことであり、アドバンテージになるものとは限らないのです。