ほぼたまる予定蓄え

出来たらひと月沢山の現金を貯えしたいものですが、実にそんなにはいきません。オートマチックに引き落とされる定期預貯金や保険貯えなどを細々とやる私ですが(これは女子仲間でも沢山います)それ以上はまずまず貯えにまわせないでいました。
そんな時に低減&預貯金が好みという女子仲間からお勧めされて始めた(意図預貯金)これがほぼ溜まるのです。
意図預貯金とは買ったつもりで預貯金する。食べたつもりで預貯金講じるという形で実際には買ったり食べたりしていないのに、買った、食べた意図になり貯金していくというものです。

意図預貯金が効率良くたまる計画は。前もって一月の日取りをオペレーティングシステムに書き込みます。この時に本当の日取りと仮の日取りを書き込みます。
存在お天道様は女子仲間とごはん。存在お天道様は勤め先の飲み。存在お天道様は冬物の着衣を貰う。中には本当の日取りもあるので、その日の現金は必ず必要になりますが、仮の日取りはあくまで仮なので正に飲みへ行かないかもしれず、着衣も買わないかもしれないので、実際の現金はかかりません。
仮のお天道様にはなはだかかったかの様に預貯金容器へ資金を入れます。そして仮のお天道様は現金をかけず自分の休暇を楽しみます(私は書房へ行ったり、レディーズデーのムービーを見に行ったり、なるべく無料足取りをしつつ休暇を越します)

こういう意図預貯金を始めたから、通年にすると家族で沖縄とか韓国とかを旅行とれる旅費くらいは自然とたまっています。
痛手も感じなく、一気にも始められる意図預貯金だ。そして現金や低減に対しても感性が高くなり無駄な物を買わなくなりますよ。