仕事や副業をしつつ、節約しております

“私は蓄財と借金の繰り上げ返済、あとは文章作成スキル向上を目的とし、
ライティングの副業をしている会社員です。
私が行っている節約方法を紹介します。
まずは日頃の飲み物についてはマイボトルに
インスタントコーヒーを入れて持ち歩いて
ドリンク購入をなるべくしないようにしております。
更にインスタントコーヒーを作る場所は会社。
会社であればお湯を沸かす為のガス代や電気代も省けますので、
意識して会社でドリンクをつくっております。
次は食事。平日は基本、帰宅後の夕食のみにしております。
(節約とダイエットも兼ねて実践してます。)
朝は元々食べない派でしたので問題なし。
昼飯については、食べなければ午後眠くならないから
集中出来るといった効果もあります。
あとは企業によってはNGとなるかも知れませんが、
所属している本業の会社では問題ないと言われたので
私用のスマフォ、タブレット、充電用バッテリ、
ノートPCの充電を会社で行っております。
そして、仕事が終わった後の副業ですが、
こちらでも光熱費を節約しております。
まず、作業場所は駅構内や電車内。自宅で作業すれば電気代がかかりますが、
駅構内や電車内であれば、空調も効いており
快適に作業が行えるので、なるべく自宅外で作業するようにしております。
また、作業用ノートPCの駆動には会社で充電したバッテリを使っているので、
こちらも費用がかかりません。
さらに、通信費も携帯電話会社の無料WIFIサービスに登録してて
駅構内にWIFIスポットがあるので、自宅外でもインターネット経由で
原稿を入稿することが出来ます。
こうやって、電気代の節約と共に副業を行い、日々頑張っております。”

貯金は節約!節約は環境に優しい!

わたしにとって節約は、難しいことをやっていくよりも、いらない電気は付けないだとか、残り湯洗濯をするだとか、水道の元栓をきつめに閉めておくだとか、ありふれたことを継続してやっていくことが一番有効的だと思っています。

いくら、洋服はおさがりを使うようにしていたりしていても、いつかどっと使わなければいけない時もくるので、そこでお金を使わないようにしていても結局そのお金は必要になる時は必ず来てしまいます。必要なものを我慢して出費を抑えたとしても、必要なものは必要なもので絶対に使うべきお金としてなっているのです。

なので、大切なのは生活していく上で必ずかかるお金をいくら抑えるか、ということです。誰もいない部屋に電気はついていませんか?うがいの際に水を出しっぱなしにしてはいませんか?そういったことを意識して変えていくだけで、小さな事ですが以外と大きなものになります。貯蓄としては、確実に貯まるのはやはり毎月いくら貯金するか決めておいて、必ず貯金すること。もうそのお金は無いものとしておくだけで、残りで生活はやり繰りしていけます。

無かったら無かったで、その中でなんとかやっていけるものなので、そうしておくのが一番のお金を貯める秘訣だと思います。そして、その必ずする毎月の貯金プラスαとして、浮かせられた電気代水道代なども貯金していければ節約は出来るし貯金は出来るし環境にも優しいし、良いことだらけだと思います。

ストレスにならない固定費節約の勧めについて

節約で最も効果が高いのは固定費をいかに削減するかであり、固定費の定義については私は幅広く捉えています。固定費は長期的、継続的に必ず掛かる費用としており、散髪代と駐車場代と通信費はその中でも節約の効果を実感出来ているものです。

以前は地元の理髪店で1ケ月に1回4000円で毎月通っていましたが、今は短く散髪して1ケ月半に1回で1700円です。髪型は地味な出来栄えですが、単純計算すると年間で33400円の削減効果です。さらにマンションの駐車場です。毎月500円から8000円と幅がありますが、私は800円のものを契約しています。立体駐車場のややポジションが悪いことから出し入れに5分くらいかかることがあります。スマホは持たず未だにガラケーで最新機種などに全く疎いですが、通信費は1000円ちょっとくらいです。これらの節約がは1年、10年、20年と続くととてつもない節約効果が生じることを良く弁えています。

肝心なことは節約をすることでストレスが溜まらないことだと私は思います。私にとってはこれらの節約は少々不便だったり味気ないことはありますが、大して苦になりません。それによって得られた節約のお金で好きな旅行に行くほうが遥かに建設的だと考えています。逆に苦になるのが食費を浮かせるために、身体に良くないものを多用している安い加工食品などを日常的に食べることです。食品はある程度お金を出さないと健康に良いものは手に入らないと考えており一定のお金を出し惜しみしません。

どんなことでも贅沢志向では幾ら稼いでも全く貯蓄出来ないと思います。自分にとっては優先度を落とせることはグレードを下げてお金をセーブすることが賢いと思います。長く続ければ続けるほど、数十万円、数百万円といった節約効果が得られると思います。

生活のちょっとした工夫と宅配の食材で月4万円節約して貯めています

私は主婦になってから数年たちますが、最近ようやく節約と貯蓄に目覚めてきました。

貯蓄をするためには日々、コツコツ節約することが大切です。そしてコツコツ節約するためには、ちょっとした工夫がポイントだと考えました。

例えば、一日に何回も使うティッシュですが、不要になった服やタオルを小さく切って代用すれば買わずに済みます。それからトイレの水もお風呂の残り湯を使えば、かなり水道代が節約できます。

また一番節約しやすいのが食費です。私は家計簿をつけるのが苦手で一度もつけたことがないのですが、以前食費がどれくらいかかっているかチェックしてみました。そしたら3人家族で6万円近くかかっていました。そこで食材の宅配を利用することにしました。平日の夕食用の食材が配達されてくるのですが、思った以上に量が多いので、工夫して夕食だけでなく次の日の朝食やお弁当まで宅配の材料で作っています。そのため買い物にいくことがぐんと減って大幅に食費を節約することができました。

こうやって節約したお金を貯金箱に入れて貯めています。月、平均で4万円くらいは貯金箱に貯まっています。ということは1年で48万円、10年で480万円も貯められることになります。

こんなに貯められるんだと思うと、これからもますます節約を頑張れそうです。

日々の一生をデータ化して節約する

カットを感じ取るのであれば、最終的にどのくらいのコストカットができたのか分からなければ意味がありません。また、一時的に給与を浮かすことができたとしても、それが継続的にできなければ、手数に対しての報酬が感じられませんよね。できれば、面白く長く続けられるものが良いと思うので、私の小さな規定技術を教えます。

一旦、何がカットできるかをみんなはわかりたがると思いますが、各所帯によってそれは異なると思います。なので、私のタイミング、毎月の売上と支払いをきっちり見るように行なう。

エクセルを使って以下の会話をリストアップ行なう。
買い出しで購入した賜物
賃料(光熱費を含む)
社交費
その他

ここで大事なのは、入念にならないことです。飽くまで届け出なので誰かに挙げるわけではありません。気軽にやってみましょう。

私のタイミング、買い出しでふとしたスナックを買って仕舞う病み付きがありまして。
月額のスナックお代が1000円を越えていました。
それから、家でも麦茶を作っているのに、なんとなく買って仕舞うペットボトル飲物。
非常食は大事だと無駄にカップポイントを購入してしまったりと。

目につくものでこれは買わなくても良かったなと思うものが、誠に4000円はあったのです。

次にこちらが目を付けたのが、水道お代でした。
自宅の母の申し出もあったのですが、お風呂に入っているときに、無駄にシャワーを垂れ流していると思い、お銭湯用の砂時計を購入してみました。
遊び感覚で、先ず砂が落ちきったら回転させて次の砂が落ちはおるまでに心中と人体を洗うなんてことをしてみました。
食器ユニットを洗うときにも水を出しっぱなしにしないようにして心掛けるだけで、300円ほど控えることができました。

こんな感じでほんとにこちらが始めたのが「元の木阿弥を絶やす」ということでした。
いざそこまでエネルギーをしたわけではないのに、5000円程節約することができているので、これならアッという間に誰でもできることだと思います。

食費の節約

いま実践しているのは食費の節約です。旦那の収入が減るので、まず手始めに食費で4万円分減らしたいと思っています。今までは一応チラシをチェックしてお買い得品を買っていましたが、結構ルーズに買いたいものを買っていましたので、高い材料の量を減らして安いものでかさ増ししたり、見切り品を活用したりして材料費を抑えています。

お肉ではとにかく鳥ムネ肉が大活躍です。鶏ムネ肉というとパサパサしがちですが、肉の容量の10%の水に2%の塩と砂糖を溶かして6時間ほど漬け込んでおいてから調理すると、驚くほどしっとり柔らかい仕上がりになります。フライにしても、焼いても、蒸しても良しです。

ほかには、今まで買っていた出来合いの惣菜を自分で作るようにしています。ローストビーフが家でこんなに簡単にできるなんて、今までやってみようとしないで買うのが当たり前だったことが悔やまれます。先月はこんな感じで4万円節約を実現しました。飲み物については、どこか出掛けるときには水筒に自分の好きな飲み物を入れて持ち歩くようにすれば、自販機で買う分を節約できます。

自販機で新商品をお試しする楽しみは減りましたが、糖分は自己管理しやすくなりましたからダイエットを気にしなくて済みます。

節約とは、意識をしない我慢である

私の考える節約とは、意識をせずに我慢を続けることかと思います。

意識しないという事は、それが自分にとって当たり前である。ことだと思います。

・意識をせずに、歩くときには手を振って歩く。

・青信号で進む。赤信号で止まる。

・数字は1,2,3・・・と数える。

どれも生活するうえで当たり前のことだと思います。

上記をするのに、辛いことなんてありませんよね?

続けられますよね?

この様な仕組みや習慣を作ることが続く節約への第一歩だと考えます。

例えばですが、

・使わない電気を消すこと

 →電気は普通消えているもの。と考えれば、付いているのが嫌になりれば成功です。

・安いものをすきになる。

 →自分が好きな物が安ければ好んで買いますよね?それが習慣的な節約です。

・車のアクセルは無駄に踏まない

 →3つ先の信号を見て、それが赤になったらもうアクセスを踏まない。これが我慢しない節約です。

・財形貯蓄や定期預金

 →給与は、これだけ。と自分を勘違いさせれば、もう仕組みの完成。

節約には我慢がつきもの。と考えがちですが

我慢なんて不要です。

無理をする我慢なんて続きません。ダイエットと同じです。

だからこそ、我慢をしない節約が大事だと、私は考えます。

節約の基本!知るべきは…?

無駄な出費が多い…これは節約しないとなぁ。と思ったら、まずは何を知るべきか?それはもちろん「無駄な出費」とは何なのかを正確に知ることでしょう。節約をしようにも節約するべき点を勘違いしていたらただの苦しい日々になってしまいます。そうなれば節約生活も続かずにまた浪費してしまう…そうなったら意味がありませんからね。

何が無駄な出費なのかを自分できちっと把握できれば「これは無駄なものだ」と既に自分で思っているわけですから、苦も無く節約していくことができます。まずは無駄を知ることですね。

では何が無駄なのかを、どうやって判断するのか。それはやっている人はやっていること。ズバリ「家計簿をつける」です。人間は何もかも意識して行動しているわけではありません。いや、その時その時は意識して判断して何かを買ったりしてるんですけど、あとから全てを思い出すことは困難です。ちょっとついでに買ったり、よく考えずに何かを買うことなんてしょっちゅうあると思いますが、それが無駄に繋がってしまうわけですね。

もちろんついで買いの全てが無駄なんてことはありませんが、あとから思い返して、これは必要なかったなーと思うものもあるでしょう。そして家計簿がなければ、思い返すことすらできません。無駄に気づけないんですね。なのでまずはしっかりと「家計簿をつける」ここからが快適節約生活のスタートです!

小さな無駄をなくせば大きな節約になる

私は現在結婚しており、毎月小遣い制です。

小遣いの中から携帯料金・ガソリン代・美容院代を支払わなければいけません。

どれも毎月金額は変動するものでありますが、支払いが回ってきた時にお金がなくて払えないということにはならないように考えています。

私の場合、小遣いが入った時に、それぞれの必要な金額(携帯料金なら1万円)を、支払いより多い金額で見積もって避けています。そして残った分を自由に使える小遣いとしています。

先に避けておくことによって、気持ちの上でも無理なく貯蓄できると思います。

多めに見積もって避けているので、支払って余った分が少しずつ貯まっていきます。

毎月自由に使えるお金は少ないですが、別のところで貯蓄していることになります。

こうすることによって、急にお金が必要になったときも借入などをしなくても自分で蓄えた分から捻出することができます。

また、自動車の税金や保険料、NHKの年払いなど毎年必ずかかるものも少し多めに見積もって毎月貯蓄しています。

管理は細かく面倒ではありますが、細かく綿密に管理することによって無駄な資金が殆どなくなり、その分、貯蓄として貯めることができます。

どんぶり勘定だと、お金の動きを管理できないので無駄が出るでしょうし、お金の重みも薄れてしまいそうな気がします。

何事も先の先まで考えて効率よく節約・貯蓄したいものです。

ポイント生活を楽しんじゃおう。

わたしの節約は、とにかくポイントを貯めることです。

まず、近場のスーパーのポイント○倍デーを把握し、できるだけ合わせて来店し、効率的な獲得を狙います。
もし、そうしたポイントが倍付けの日が被ったときは「何円ごとに1ポイント貯まるのか」という基本情報をもとにどちらのほうが還元率が良いのかを計算し、より還元率が高いお店で買い物をします。

意外と大事なのが、換金の最低金額。

1円分から金額指定して値引きできるもの(コンビニ系に多い)から500円分のポイントたまらないと使えないものもあります。

また値引いた分はポイントの対象になる店、ならない店もありますので細かな情報も頭に入れておくようにします。

こうした店ごとのポイントに加えて活用しているのが、クレジットカードです。

今やスーパーやドラッグストア、大手チェーン飲食店など様々なお店でクレジットカードが使える時代になりました。
低収入でも作れる、敷居の低いカードも登場しています。

クレジットカードはブランドマークによっては使えないお店もあるので複数枚持つことで主要ブランドマークはすべて対応できるようにしておきます。

家計の足しになるだけでなくゲーム感覚で楽しんでいます。