食欲がどんどん旺盛になる子どもたちの食費をいかに量を減らさず値段を抑えるか

主婦なら毎日の食事をいかに安く美味しく作るか、腕の見せ所です。特に子どもがどんどん大きくなるにつれて食費はかさみます。だからといって育ちざかりの子におなか一杯食べさせてあげたいです。ではどうする?となると、いかに量を多くして安く抑えるかが大切なんです。

お腹がすいた時間に行くと必ず余計な買い物をして失敗します。意外とおすすめなのが夕飯を済ませてから行く閉店間近か開店直後です。19時ごろになると一斉に値引きシールが貼られて安くなり始めるんです。また反対に、サーロインステーキなど高級な食材が朝一だと残っていて半額で手に入ることもあります。

サーロインステーキなんて普段はもちろん食べていないんですが、子どもの誕生日やイベントの時に半額だと倍量買えるのでお得です。こんな時しかむしろ手が出ませんので。

賞味期限間近の食材を冷凍することに抵抗がある人もいると思いますが、我が家ではこうして少しでも節約しています。

そして、大好きなから揚げでも鶏肉もももよりむねにくを選べば、安いうえにヘルシーで一石二鳥です。野菜は家庭で作れるものは家庭菜園もおすすめです。特に夏野菜は初心者でも簡単に取り組みやすいトマト、きゅうり、しそ、ゴーヤなどがおすすめですよ。